コペリオンK-トロン定量供給フィーダ
液体添加装置(重量式・容量式)

資料をダウンロード

ロス・イン・ウェイト式 液体添加装置

コペリオン K-トロン社の液体添加装置はスクリューフィーダで培った技術を生かし、高精度な供給を実現しています。800万分の1の高分解能のロードセルと重量変化に機敏に反応して最適なフィードバックをかけるコントローラをベースにポンプを的確に制御します。タンクはロードセル上にあり、フレキシブルホースでポンプと接続されています。コントローラはタンクから吐出され減量していく液体材料の重量データをもとにポンプの回転を増減させます。材料と吐出圧に合わせたポンプの選定(ギアポンプ、プランジャーポンプ等)のほか、ヒーター、撹拌機のオプションなど豊富なバリエーションから最適な装置を設計いたします。液体添加装置も他のフィーダと同様にラインコントローラK-Visionに接続できるため、粉体添加剤や樹脂ペレット等、他の材料との比率制御も行えます。

コペリオンK-トロンのKCMコントローラは連続運転、バッチ運転に対応しているため幅広い用途で使用できます。また重量制御を行わない容量式での構成も可能です。

加熱・断熱オプションを備えた小型の液体添加装置

K-ML-P 3点式ロードセルを使用した機器構成も可能

オプション

*タンク用撹拌機
*保温ヒーター
*各種ポンプ
*各種ロードセル(小型台秤、丸形台秤、3点式)
*移動用キャスター