K-トロン定量供給フィーダ
コントローラ

資料をダウンロード

コントローラ

KCM
日本語に対応した容量式・重量式フィーダ用の連続式・バッチ式供給用コントローラです。CPUボードとパワーボードが1つのボックスに収納されたコンパクトな設計になっています(医薬、食品向けのサニタリー対応ステンレスボックスオプション可能)。
アナログ信号、デジタル信号による外部からの入出力に加え、オプションボードを追加することにより、PLCなどの工場生産管理システムとの通信も可能です。

KSU-II
KCMコントローラ用の遠隔表示・操作ユニットです。フィーダの近くや制御盤面への設置、持ち運びなど、自由な場所に設置・使用することが可能です。

Digi Drive(デジドライブ)
容積式スクリューフィーダ専用コントローラです。低回転域でも安定したモータ電圧制御が可能(モータ回転数制御範囲1:100)で、低回転時におけるモータの脈動が発生しません。

K-Vision(K-ビジョン)
最大16台までのフィーダをK-Vision1台で制御できます。カラータッチパネルディスプレイを採用しており、画面を最大4分割して操作することができます。トレンドグラフ表示、イベント・アラーム履歴の保存・確認ができ、生産品に合わせたレシピ(各フィーダの供給比率)の設定・保存・呼び出しも可能です。