化学・製薬関連機器
遠心分離機

資料をダウンロード

デニセン社 遠心分離機

1時間あたり25〜30トンの処理能力を備えた遠心分離機

デニセン社の遠心分離機は、用途に応じて目開き 250–2,000 µm、最大30トン/時間の処理能力に対応します。

【原理】
機械の上部に供給された製品を回転パドルが動かします。製品は遠心力によりふるいのスクリーン全体に極めて均一に広げられますが、良品よりも大きなサイズの異物・不良品は別の出口に移動されます。ふるいを通過しなかった異物・不良品は、容易にアクセスできる専用ハッチから取り除くことができます。
デニセンの遠心分離機は超音波を使用して高周波でふるいを振動させることより、ふるいを通して製品を迅速かつ効率的に輸送できます。ふるいの材質は、ナイロンまたはステンレス製を使用することができ、75μm未満の非常に微細な製品も処理することができます。

【主な用途】
圧送式の空気輸送システム内のインラインシフターとしても使用されます。既存の輸送システムへの統合に必要な容量を満たすソリューションを提供します。